認定制度

臨床アロマ 認定制度について

JCAS資格認定制度とは、医療施設においてアロマセラピーを適正且つ効果的に実施するための知識・技術が一定の基準を満たしていることを日本臨床アロマセラピー学会(JCAS)が認定するものです。
認定を受けた学会員は、法律を順守した上で適正なアロマセラピーを提供できるものとします。

※学生会員は資格認定制度対象外となります。

臨床アロマ 資格認定制度の流れと種類

クリニカルアロマ
アドバイザー

(臨床アロマ学術認定)
クリニカルアロマ
エキスパート

(臨床アロマ実技認定)
クリニカルアロマ
エキスパートs

(臨床アロマ実技認定)
クリニカルアロマ
スペシャリスト

(臨床アロマ講師認定)

※認定資格を目指す方はセミナーをご受講ください。

認定試験について

臨床アロマ学術認定

平成29年度臨床アロマ学術認定(CAA)試験について

平成29年度(平成29年4月)より、臨床アロマ学術認定試験は、年2回(東京、大阪)
開催となります。詳細は下記の通りとなりますので、受験される方は締切日を順守して
お手続き下さいますようお願い申し上げます。

資格認定内容 アロマセラピーを臨床現場で実践するための基礎学術最低限の知識を習得したことを 証明する資格です。 。
出願資格 ・本学会正会員、または本学会準会員であること
・学術基礎セミナー①〜④を修了していること
・年会費を滞りなく納めていること

※ご注意
学生会員は学術入門・学術基礎セミナーを修了していても、正会員・準会員になるまでは、資格認定は受けられないとする。
試験日 <大阪>
平成29年10月14日(土)
ハートンホテル南船場
13時〜15時(途中退席可)

<東京>
平成30年2月4日(日)
ハートンホテル東品川
13時〜15時(途中退席可)
出願締切日 平成29年9月29日(金)大阪会場
平成30年1月26日(金)東京会場
受験内容 筆記試験
<出題範囲>学術基礎セミナー①〜④テキスト
<注意事項>資料・テキスト・書籍等の持込禁止
受験料及び審査料 20,000円
合格発表 毎回試験開催日から7日後(試験開催日翌週土曜日)に当学会ホームページにて合格者受験番号を発表します。
試験ポイント
  • 臨床アロマセラピーの位置付け、定義等が理解しているか
  • アロマセラピーの歴史を理解しているか
  • 精油の学名と一般名が一致できるか
  • 精油ラベルを読み取れるか
  • 各精油の特徴を把握しているか
  • 成分分類と作用が一致できるか
  • 各植物油の特徴を把握しているか
  • 濃度計算ができるか
  • 各項目における注意事項が理解しているか
  • 個々の職種、立場を考慮した、トラブル回避及び対処方法について(記述式)等
願書 願書ダウンロード

臨床アロマ実技認定

出願資格 ・本学会正会員、または本学会準会員であること
・臨床アロマ学術認定(CAA)を取得していること
・実技基礎セミナー 銑い鮟の擦靴討い襪海
・年会費、資格認定費(年間)を滞りなく納めていること

※ご注意
学生会員は、基礎セミナー①〜④を修了していても、正会員・準会員になるまでは、資格認定は受けられないものとします。
出願期間・試験日 「試験日程ガイド」ダウンロード
出願方法・受験内容 「願書」ダウンロード
提出書類 一次試験時に、当学会指定のコンサルテーションシート(1枚目と2枚目を1セット)と レコードシート(1枚)をセットとし、10症例分を持参・提出願います。
「コンサルテーションシート・レコードシート」ダウンロード
受験料及び 審査料 30,000円
ダウンロード まとめてダウンロード(圧縮zip)
  • 平成28年度試験日程ガイド
  • 願書
  • コンサルテーションシート・レコードシート

更新について

毎年、年会費とともに資格認定費・単位が必要になります。

本学会の会計年度は4月1日から翌年3月31日までです。
資格認定保有者には年会費と資格認定費を合算したお振り込み用紙を4月下旬から郵送します。
お手元に届きましたら、早急にお支払いくださいますようお願い申し上げます。

対象・・・ 認定の更新を希望する方
時期・・・ 全ての認定は毎年更新となりますが、単位の更新は3年ごとになります。
(休会される方は、事務手続きをご覧ください) 。

種別 年会費 資格認定費 合計
(1年分)
更新必須単位
(3年)
CAS(臨床アロマ認定講師) 10,000円 10,000円 20,000円 30単位
CAE(臨床アロマ実技認定) 5,000円 15,000円 30単位
CAA(臨床アロマ学術認定) 3,000円 13,000円 30単位
レギュラー会員
(資格認定保持者以外)
10,000円

単位更新(通常の流れ)

認定更新は毎年ですが、単位の更新は3年ごとになります。

通常の流れ

認定更新時に単位が足りなかった時

必須単位の更新時に単位が足りない時は、延長願いを提出してください。

認定更新時に単位が足りなかった時

資格認定に合格した時

資格認定を取得後から、3年間で合計30単位が必要になります。

資格認定に合格した時

資格認定に合格した時2

休会届けを出した場合

留学・出産等でやむを得ず1年間休会する場合。
休会申請は、1年度につき1枚となります。
2年以上休会する場合は、年度枚数分ご提出ください。

休会届けを出した場合

単位について

 

種別 単位数
ワークショップ参加 15単位
臨床アロマ実技セミナー(5時間以上の参加) 5単位
臨床アロマ学術セミナー(5時間未満の参加) 2単位
臨床アロマ学術セミナー(5時間以上の参加) 4単位
自主勉強会(4時間以上参加) 2単位
社会貢献(時間制限無) 2単位
臨床アロマ実践報告書提出 2単位

※自主勉強会、社会貢献単位は、各規程に則るものとする。
※その他、単位を取得できるセミナー・イベント・発表会等は、スケジュール・会員様ページでご案内します。

自主勉強会に対する単位付与について

自主勉強会についてはこちらをご覧ください。

社会貢献に対する単位付与について

『社会貢献に対する単位付与とは』
ボランティア活動を通じて当学会の普及啓発・地域社会に貢献し、当学会でその活動が認められた場合に単位を発行するものとします。

・1人につき年2回までとする。
・参加時間に限らず2単位とする。
・実施団体名に日本臨床アロマセラピー学会名称を記載のこととする。
・申請者(または代表者)が当学会会員であること。
・活動報告書を提出すること。
・申込み手順は、企画書提出→理事会承認→実施→報告書提出(写真データ付)→単位発行

臨床アロマ実践報告書提出に対する単位付与について

臨床アロマ実践報告についてはこちらをご覧ください。

休会時の単位付与について

※休会理由は「休会の定義」に準じます。
※休会申請する際は、理由を証明する書類が必要となる場合があります。
※休会申請はこちらからダウンロードください。